悪いですけど、本音いわせてもらいます
[2028]  [2027]  [2026]  [2025]  [2024]  [2023]  [2022]  [2021]  [2020]  [2019]  [2018
プロフィール
ニックネーム:
Jay
性別:
男性
職業:
医者
自己紹介:
脱サラ医者

経歴:
国立大学農学部卒
民間会社研究所勤務
国立大学医学部卒業
中堅研修病院

現在:
整形外科

趣味:
アコースティック・ギター
最近は洋楽しか聞かない
競馬
野球(見るだけ)
最新コメント
[03/27 ちか]
[03/24 ビ〜グルズ]
[03/21 ビ〜グルズ]
[03/20 真凜]
[03/20 真凜]
ブログ内検索
記事が載りました
ペンネームですが、記事が載りました。
アーカイブ
いやぁ、この仕事をしていてそれなりにトラブルに会うこともあるし単なる因縁みたいなクレームをつけられることもあるので、常に気をつけているのだが。

僕は患者や家族にしゃべるときは、いつ録音されていてもいいように言葉遣いには極めて気をつけている。どんなに会話がこじれても、言った言わないで因縁をつけられることは多いので、むしろ録音しててもらった方がいいかもしれない。

外勤先は今まで勤めていた病院のなかでも患者層はまともな方だと思う。それなりに僕も丁寧に応対している。二ヶ月ほど前に指の骨折をしたという女性。前医で治ったから来ないでいいと言われたそうで、いつまでも指が痛いといって来たのが2ヶ月ほど前。

指には確かに骨折の痕があるが、骨融合している痛かったところで、固定をするメリットはなにもない。初診の時点でそう話したが、明らかにクレームをつけてきそうなタイプだったのでカルテには細かく記載した。初診の時点で一時間近く粘られる。

二週ほど明けて、二度目に来たときも全く同じ話。そこでまた一時間近く粘られる。もういい加減来ないだろうなと思ったが、忙しいときに限って現れるものだ。

今日は朝から異常なほどの外来患者。ここ二週の少なさを取り戻すかのようにエンドレスでカルテが運ばれてくる。それも、ほとんどが初診ばかり。フォロー患者も処置があったり話が長かったりと時間がかかる。午後から人工関節のオペがあるので早めに終わって欲しい。

この病院に来てから最高記録の30人診たところで、13:15ごろ。あと一人ならオペに行けそうだ。だが、最後に残ったのがその指の患者。長くなるのがわかってるから、ナースが敢えて最後に持ってきたらしい。

その計らいはありがたかったが。今日はとことん粘る。なにを粘るかというと、「大丈夫」といって欲しいとか、自分の言った言葉に「はいそうです」と答えて欲しいとか、そういうレベルだ。

僕としては、なにをしても大丈夫だとか、間違ったことに対して「はいそうです」などとは絶対に答えられない。はいそうですと言う代わりに、僕の言葉で言い換えて説明すると、なぜはいそうですと言ってくれないのかと、延々その繰り返し。

あなたの言っていることは医学的に、不正確だから僕の言葉で言い直しているのですと何度説明しても、はいそうですといってほしいとのいってんばり。具合が悪いといって黙り込むは、泣き出すは、自分の身の上を語り出すはで全くラチがあかない。

「先生がはいそうですと言ってくれないのから不安になるのです」

ついに期待通りの言葉を言ってくれた。

僕の言葉で不安になるならほかの先生に診てもらうことをお勧めしますよと。

そしたら今度は、放り出すのかと泣き出す。いや、あなたの要求通りの返答をするわけには行きませんよ。

結局この繰り返しで二時間。なんという不毛な時間だろうか。これで再診療700円とかだ。

僕が行けないのでオペが遅れる。昼飯も食えずに人工関節のオペへ。

いやぁ、途中でばっさり切ってオペに行ってしまえばいいのかもしれないが、外勤先だ。評判を悪くするのもいけないだろうし、トラブルになったときに病院が守ってくれるかどうかもわからない。

それとも、トラブルにならないように心がけてるスタンスが、話をこじらせてしまうのだろうか。まぁ、いまさら僕のスタイルを変えるつもりはない。


人工関節は、先日僕が自分の病院から連れてきた患者だから、僕もおぺに入りたかった。始まるのが遅かったため、インプラントが入るまでオペを手伝い、患者が覚醒するまではつき合えなかった。

いやぁ、こういうのも医療上のトラブルというのだろうか。治療が必要な患者に十分に時間を割けないのは、どうすればできるんだろう。










応援よろしくお願いします→

医学 ブログランキングへ








拍手[18回]

POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
無題
私も毎日、十人十色の不特定多数を診ます。
気軽に紹介できる診療所では
全責任は当然自分が取るわけですが
まだ気持ちは楽です。

まず、患者さんの理解能力や
理解しようとして努力する姿勢の有る無しを
こちらで判断します。

漫画を書いて二回まで説明しますが
境界型人格障害や粘着質だと
すぐに精密検査でデータを集めて
専門病院へ紹介します。

大きな病院でさんざん待たされると
小さな診療所の対応の早さがわかり
不満が少なくなります。

来る物は拒ます、去る者は追わずは
精神衛生上良いですね〜
ビ〜グルズ 2016/07/07(Thu)12:22:45 Edit Top
Re:無題
さすがにあまりにもタチが悪いのは来ても断りたいと思いますね.こちらになんの落ち度もないのに仕事の妨害をされているのと同じです.弁護士のように、時間いくらで診察するならこういうことは起きないんでしょうが.
Jay 2016/07/13 00:25
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
28 29 30 31
最近買いました






Recommend
Copyright © 脱サラ医者の日記 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie