山形県で訪問診療の院長になりました
昨日の僻地外来は、15時ぐらいからナースがみんないなくなってしまって一人で全てやるハメになった。何台も続けて救急車が来てるから、一体ナニが起きたんだろうと思ったら、病院のすぐ近くでひどい交通事故だったそうだ。

基本的には心肺停止は運ばれてこない病院なのだが、他へ運ぶ時間もなかったのだろう、3人も心肺停止が来たそうだ。全部で6人の受傷だったそうだが、ドクターヘリも出たらしい。

帰りの車でまだフレッシュな事故現場を見たが、さすがに写真を撮るのは止めた。事故の詳細はわからないが、僕が見るに、普通に走ってきた車に道路左の工場から対向車線に出ようとした車がほぼ正面衝突のような状態でぶつかったように見えた。現場検証をやっていたが、普通に走っていたと思われる車は軽自動車でぐちゃぐちゃだ。

ったく、そんな大事故が起きるような道路ではないのだが、恐ろしいものだ。ほとんど毎日、自分で運転するか送迎してもらうかなので全く他人事ではない。


帰りの飛行機は、提携の店が変わったとはいえあまり代わり映えしない機内食だ。



揺れまくってどうしようもない。そうそう、怖いのは車だけじゃないかも知れない。





応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[13回]

この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
私が勤務医の頃は車通勤でしたが
疲れた時の運転はつらい物がありました。
現在は隣が自宅の開業医で
往診や産業医の時に
車(ドライブレコーダー付き)に乗ります。

いくら自分が注意しても事故に遭うのは運です。
私はオートバイツーリングが趣味なので
生命保険は借金返済後も十分にかけています。

高齢者の事故はコツコツ小さく当てるイメージですが
認知症となると激し事故だと思われます。
高齢者ほど車がなくては生活が出来ないので
他者の為にも安全にコストは無関係と考えて
政府の補助金で
現在の安全レベルが高い車を運転して欲しいものです。
ビ〜グルズ| | 2018/06/13(Wed)10:14:40| 編集
ランキング
プロフィール
ニックネーム:
Jay
性別:
男性
職業:
医者
自己紹介:
脱サラ医者

経歴:
東京大学農学部獣医学科
持田製薬安全性研究所
山口大学医学部卒業

現在:
整形外科
最新コメント
[06/19 ビ〜グルズ]
[06/13 ビ〜グルズ]
[06/08 ビ〜グルズ]
[06/06 のうさぎ]
[05/30 masachan]
ブログ内検索
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1
3 5 7 9
15 16
17 20 23
24 25 26 27 28 29 30
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   脱サラ医者の日記   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS