山形県で訪問診療の院長になりました
ついに風邪を引いたような気がする。今年に入ってから胃が痛いとかそういう調子の悪さは何度もあるが、少なくとも一度も風邪はひいていなかった。とくに4月以降はヤバいなと思うことさえなかった。 だが、マスクもしないで風邪の患者を診察しているのもあるし、寝不足に飲み会続きというのもあるし風邪を引く要因はいくらでもあるだろう。


そういはいっっても朝は4時半起きで僻地に行く。

朝のラウンジ。こころもち客は少ないような気がする。



行きの飛行機はいつも166人乗りの小さいヤツだ。かろうじてプレミアムクラスの席があるという程度で、その席も結構狭い。だが、今日は一つ大きなサイズの飛行機に変更になっていたので、窓のない中央の席でゆっくり寝ることにした。

朝の機内食。

 

温かいスープがおいしく感じる。


病院に着いてからは、これまたちょっと患者は少ない感じがした。体調が悪いから少しでも楽な仕事になればいいと思うのだが。いつもの通り順調に患者をこなしていって、13時ちょっと前に終わるかもという淡い期待があったのだが、最後に来た患者がこの通り。



施設に入所したけど手に負えないからそっちで入院させてくれという紹介状だった。それにしてもよくもまぁ70過ぎの人にここまで長い固定術をやったものだ。何度もオペをしたと書いてあったが、最後のオペはおそらく80ちょっと手前だっただろう。しかも、診断は側湾症だ。

全身が痛くて24時間辛いと言って延々とナースコールを押し続けるそうだ。両膝もオペしてあり、そりゃぁ痛みがゼロになることは有り得ないだろう。それを承知で、オペをするメリットがあるかどうか考えるということになる。

まぁ徒手診察をした限り、痛くて身動き取れないほどではない。レントゲン上ではオペも極めて綺麗に出来ているようだ。整形的には問題ないですねと言うことになる。しかし、よくあることかも知れないが本人は文字通り身体表現性障害という感じだ。他人の言っていることは一切耳に入らず、延々と自分の主張をまくし立てている。応答はするが、とてもコミュニケーションの取れる状態ではない。

施設のスタッフから入院させてくれと懇願されたが、僕が診るわけでもないので整形的に問題なければ入院はムリだろう。

この一件で1時間。昼飯は14時だ。



いつもの通りタダ飯を作ってもらって、すぐ午後の診察に入る。午後は人数が多いだけで大したことはなかった。

それにしてもどんどんくしゃみが出るし鼻の奥が痛くなってくる。いやぁこれから悪くなるのかな。



機内食はいつもと同じ。

体調の悪いときは食いまくって寝ることにする。

車でこんなもの。



家でこんなもの。



とにかく寝る。



応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ








拍手[11回]

この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
増悪   *HOME*   冬型
ランキング
プロフィール
ニックネーム:
Jay
性別:
男性
職業:
医者
自己紹介:
脱サラ医者

経歴:
東京大学農学部獣医学科
持田製薬安全性研究所
山口大学医学部卒業

現在:
整形外科
最新コメント
[06/28 ビ〜グルズ]
[06/19 ビ〜グルズ]
[06/13 ビ〜グルズ]
[06/08 ビ〜グルズ]
[06/06 のうさぎ]
ブログ内検索
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   脱サラ医者の日記   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS