悪いですけど、本音いわせてもらいます
[1836]  [1835]  [1834]  [1833]  [1832]  [1831]  [1830]  [1829]  [1828]  [1827]  [1826
プロフィール
ニックネーム:
Jay
性別:
男性
職業:
医者
自己紹介:
脱サラ医者

経歴:
国立大学農学部卒
民間会社研究所勤務
国立大学医学部卒業
中堅研修病院

現在:
整形外科

趣味:
アコースティック・ギター
最近は洋楽しか聞かない
競馬
野球(見るだけ)
最新コメント
[03/21 ビ〜グルズ]
[03/20 真凜]
[03/20 真凜]
[03/20 masachan]
[03/19 のっぽ]
ブログ内検索
記事が載りました
ペンネームですが、記事が載りました。
アーカイブ
今日はいつも外来をやっているクリニックで往診の仕事。

自分の勉強が進んでいない状態で、こんな時期に仕事を入れてしまったのを後悔している。だが、16時ぐらいに仕事が終わってさっさと帰れるだろうと思っている。


だが、その期待は見事に裏切られた。たかが8件しかないのだが、そのうち2件は入所している施設の都合で16時以降に往診に来てくれと。きっちり定時まで拘束されそうだ。だが、昼飯の後には2時間ぐらい休憩が取れるはずだ。

順調に件数をこなしていって午前中最後の患者。先日の土曜日に爪を抜く処置をやった金持ちの高齢者だ。爪の処置に行く。

「あそこの家、いろんなものを出してくれるのはいいけど、全部食うまで帰れないんですよね」

愚痴るようにナースが言う。以前、意識障害の往診患者を救急搬送したときに一緒にいたナースだ。不器用だが信用できる男だ。

その家に入ると、なんとテーブルの上にお盆が用意されていた。

「昼飯がでて来ますね・・・」

家庭訪問の先生ではないが、往診する家で何か出されるのはうれしくもあり迷惑でもある。昼に何を食いに行こうかと考える余地はなくなった。

こないだ山のように菓子を持ってきてくれたが、文字通り邸宅。こんな家に一人で住んでいるのか。出されてみると寿司だった。




寿司を食べると、今度はテーブルの上に乗っている小さなケーキを食べろと。9個あったのだが、それを全部食べるまで診察にならない。旨いものだが、いつぞやの食い攻めを思い出してしまう。


ようやく診察になった。爪の消毒をする。ほとんど治っていてもう消毒の必要もないかな・・・などと話していたが、なんとなく患者のしゃべりがおかしい。そうしているうちに、イスからずり落ちてきた。上下肢マヒだ。

意識はそれなりにあるが、寝てしまいそうな状態。限りなく脳梗塞を疑う。本人をベッドに寝かせようとするが、頑としてきかない。

そうこうしているうちに10分ほどで症状が消失した。元通りのはっきりしたしゃべりになり、手足も動くようになっている。一過性脳虚血発作か。

この状態だと救急車を呼ぶかどうか迷う。家族に連絡して来てもらうように呼んだ。しかし、その後数回の構音障害を繰り返したのち、またしても上下肢マヒがでた。これはもう、有無を言わさずに救急搬送だろう。

年末で混んでいる?ということで救急車がくるまで20分もかかった。幸い、もともとのかかりつけ病院があるのでそちらに事前に連絡を入れておく。無事に搬送されていった。


いやぁ、こないだたまたま爪を抜いたのが命を救うことにつながったのだろうか。処置に行っていなかったら一人で倒れていたことだろう。


さぁ、昼飯後の休憩時間は全くなくなってしまった。






応援よろしくお願いします→

医学 ブログランキングへ







拍手[10回]

POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
無題
たまたま、往診に行った時に倒れるって…運が良いですね、このおばあさん。
juju 2015/12/31(Thu)23:10:36 Edit Top
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
24 25
26 27 28 29 30 31
最近買いました






Recommend
Copyright © 脱サラ医者の日記 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie