山形県で訪問診療の院長になりました
今日の午前中は32人の外来。相変わらずインフルエンザはB型ばかりだ。

人数が来たワリには13時前にスッキリ終わったが、売り上げを聞いたらガッカリするレベルだ。

昼飯は気晴らしもかねて外に食べに出る。




昨日のイライラがまだ消え去らないが、もう端から見たら笑っちゃうようなネタを一つ。

施設で半年ぐらい前から踵に褥瘡ができた寝たきり老人。僕が7月から見始めたときにはすでに黒い壊死になっていた。施設で蓐瘡の処置をやるのは介護員が本当に嫌がるから、敢えて壊死をデブリドマンせずに軟膏処置を継続という指示を出しておいた。

月に1回の回診なのだが、ある日その部屋に入ったらものすごい悪臭だ。創部を開けなくても感染しているのがわかる。月に1回の回診だからといって、そこまでなるのを報告もせず放置していたのは驚きだが、僕は文句も言わずに切開排膿して処置することにした。

なるべくなら家族は病院に連れて行きたくないとのことだったので、施設で可能な範囲でやりましょうと。で、排膿した後は着実によくなっていき、あと2センチ弱で傷は閉じるかと思った。そしたら、またまた感染だ。足底の中央までバイ菌が入ったらしく、本当ならガッツリ15センチは足底を切開しなきゃならないのだが、そんなのの処置はできないからやめてくれということで、中央部にも3センチぐらいの切開部を作ってそこから排膿した。中途半端だから十分な排膿ができないのは当然の状態で、処置継続とした。

洗浄はできない、コメガーゼはできない、ということで上から軟膏を塗るのと抗生剤を使うのが精一杯。それでナントカ一進一退だった。

先週はちょっと増悪してたので再び点滴の抗生剤をはじめて、ちょっとは良化しているはずだった。

笑っちゃうのはここからだ。

その部屋に入るなり、うちのスタッフが

「うわぁ臭い臭い、さらにひどくなってるんじゃないか」

僕には全然そんな匂いはしない。先週より遙かにマシだ。形成外科で何度も壊死性筋膜炎のオペをやっている僕の鼻をごまかすことはできない。

創部のガーゼを開けると、

「うわぁ、ものすごい膿だ膿だ、押すと大量に出てくる」

施設のスタッフと申し合わせでもしているのだろうか。要は、この施設でこんな処置をやるのは嫌だというアピールだ。

あまりにバカバカしくなったので、けど、投げやりにいうのも露骨なので、施設のスタッフの負担を考えると、病院に紹介するのもありだよ・・・とやんわり言ったら、

「最初からものすごい負担ですよ」だと。

近くの病院は形成外科の常勤がいないにもかかわらず、なぜか「綺麗に治すなら形成だよ」と形成受診を希望する。

じゃぁ紹介状を書くよ・・・といって事務所に戻る。指定された曜日の担当医を見ると、「入局1年目でぇす。頑張りまぁす。」などと書いてあった。


臭いものにはフタをし続け、パンドラの箱を開けたらもう手に負えないアピールのためにクサい芝居をする。単なる責任転嫁で放り出す。押しつけられた病院はいい迷惑だろう。そして僕には病院から「いい加減な嘱託医」というレッテルが貼られる。




応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[14回]

この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
いわゆる田舎者の悪い面です。
ナアナア主義の御都合主義です。
弱い動物と同じで群れ(村)を作りたがります。
若い時に出来ることをしないので
いつまでたっても「技量が上がらない先輩医療者」は
若い実力者がいると不都合なので
イジメの原理と同様のバリアを作ります。

邪魔なバリア作りにエネルギーを使うので
本業に注ぐエネルギーは無くなります。
将来、自分も身内も「同じ扱いにされる事」に気づかず
今だけ村社会でゆるく生活できれば良い
頭の使い方が悪い(基本は良いはずですが)
人種です・・・

弱い者にはやたら強く
強い者には理由もなく従順です。
経営者や地元で有名な親戚(遠縁として)を引き合いに出し「○○さんのご意向だから」が
効くように思われます。
ビーグルズ| | 2018/01/20(Sat)17:35:57| 編集
Re:無題
いやぁとことんその通りですね。都会と違って有力者も政治家もその辺に住んでますからね。
いかにして職場や地元を盛り上げてやろうかと考えても、余計なお世話みたいです。
【2018/01/20 21:51】
共感します
きれいごとを言うつもりはありませんが、結局は誰のための医療であり、介護なのか?と言うことでしょうか…。
医療行為が禁止されている介護士に、見た目も臭いも強烈な、褥瘡の手当てをせよと言われてもやりたがる人はごく一部でしょう。
認知症の患者さんは、人によっては膿が出て嫌だから、臭いから病院に連れて行って、行きたいと、言いたくても言えないのでは?
何のための施設つきのドクターでしょうか。
自分達が都合よく振る舞えるように、患者さんや利用者さんの心身の異状、異変を
見てみぬフリをする、放置するのは人としても問題ありで、重症化してから頭を抱えても遅いのです。
リリー| | 2018/01/22(Mon)21:04:03| 編集
Re:共感します
言葉足らずでしたか、処置をするのは看護師資格を持った介護員です。各ユニットに配置が義務づけられています。
施設としては入所者に入院されるとその間の入所料は取れないことが多くてキープ料しか取れない、なのでなるべく入院させないでくれという。入院したら患者の家族は部屋のキープ料と入院費を払うことになる。ただ現場の介護員は面倒な具合の悪い患者がいると大変だから入院させて欲しいという。
医療とは別の思惑が交錯した中で、誰も方針を決められないですからね。
施設の嘱託医なんぞほとんどの開業医がやりたがらないのは当然のことだと思います。
【2018/01/23 16:33】
ランキング
プロフィール
ニックネーム:
Jay
性別:
男性
職業:
医者
自己紹介:
脱サラ医者

経歴:
東京大学農学部獣医学科
持田製薬安全性研究所
山口大学医学部卒業

現在:
整形外科
最新コメント
[02/15 通りすがり]
[02/10 奴隷勤務医]
[02/03 奴隷]
[02/02 ビ〜グルズ]
[02/02 ビ〜グルズ]
ブログ内検索
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
8 10
12 17
20 22 23 24
25 26 27 28
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   脱サラ医者の日記   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS