山形県で訪問診療の院長になりました
どの業界だって、その中にいなきゃわからないことってたくさんあるだろう。病院にしたって、その科にいなきゃわからないことばかりだ。

相変わらず水曜日は不人気外来なのだが今日は初診がたくさん来た。いつもの通り大した人数でなくても初診が多いと極めて時間がかかる。

大学病院で骨折のオペをしてもう1年以上経っているという人だが、受診するたびに大丈夫と言われていたがついに痛くて歩行困難になってきたという人。今の時代、まだ高齢者という年齢ではない。



そりゃ痛いだろというよりも、そもそもなんでこんなオペをしたのだろうか。もともと転子下骨折それ自体、骨がなかなかくっつかなくて時間がかかることはある。それもあって最近では可能な限り長いネイルを入れようというふうになっている。なんでCHSなんぞ入っているのかといってしまえばそれまでだが、それならそれではるかに長いものを入れるべきだ。

CTなんぞ撮るまでもなく、偽関節は明らかだ。だが、患者を納得させるためにいちおうCTを撮る。ほらどの方向から見てもスキマが空いているでしょ・・・

まぁ僕の感覚からすると有り得ないオペだが、病院には色々と事情があるので頭ごなしにそこの大学病院を非難するわけに行かない。

指導医がCHSの有名なドクターなのかも知れないし、教授がインプラント業者と契約をしているのかも知れないし、はたまた大転子がバラバラで髄内釘は入れたくないね(レントゲンを見る限りそんなことはないが)という展開になったのか。

「ネジが折れているのもまったく問題ないって言われました」

骨融合しているのであればネジが折れていてもまったく問題ない。しかし、偽関節だから日頃から骨がグラグラ動いている結果としてネジが折れたんだろう。

「あそこは信用できないからこちらで診てもらいたい・・・」

いや、それはいいけど、これを再手術するのはものすごい大変だよ。


一般的に考えると、一年で異動してしまう下っ端がオペしてそれを引き継いだ下っ端がレントゲンもロクに見れないでスルーしてしまってるんだろうなと思う。

それ以上に、骨折のオペがほとんどできない大学病院なのかも知れない。まぁ僕がいた大学病院だって、年に2-3回しか子供の骨折なんてやらないのに、職員の子供だからってオペを引き受けてとんでもないレントゲンになっていた。

みんな有り難がって大学病院に来たがるが、骨折の治療で有名な大学病院なんてほとんどない。大学の偉い整形外科医は骨折のオペなんぞほとんどやらないのだ。転子部骨折のネイルさえ入れられない人工関節のお偉い先生が去年もいたのだが。

こういうのって内々に葬られてることが多いんだろうなと思う。

「いったん向こうの先生に話を聞いてきてください。」

「ここの病院で再手術をするなら、大手術になります」

大手術かどうかはともかく、どこの病院でやろうが、がっつり開創して大変なオペになることだけは確かだ。


昨日の晩も食いすぎたせいか、昼飯はほとんど食欲がない。



外来が終わったら僕には用ナシだ。ウダウダ休憩する。




応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ








拍手[11回]

この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
>みんな有り難がって大学病院に来たがるが、

入局すると大学病院での手術(主に癌)が
初めて経験する例になります。
そこでの出血量・手術時間・回復度を経験した後に
関連病院で研修が続く訳ですが
外での手技の差に驚きの連続でした。
外の病院の先生方の間では
「大学の偉い先生は口で手術をされるから・・・」が
口癖でした。
肩書きや雰囲気で手術をするわけではない事が
「結果が全て」の外科系のおもしろい所です。
クレーマーやネームバリューを求める患者さんの多くは
大学病院に紹介され
大変な経験をして戻ってきていました。
ありがたがっている方もいましたが
内部情報はなかなか話せませんでした・・・
ビ〜グルズ| | 2017/11/30(Thu)09:41:22| 編集
Re:無題
整形外科でも同じような感じです。
最先端の(=保険適応のない)ナビゲーションを使った先進的に見えるような手術を大学で一年間見学してから市中病院に行くことになります。
大学でも骨折の手術をやることはありますが、骨折に全く興味のない指導医と、1年目のオペを数件しかやったことない下っ端でやることになります。僕らにしてみれば推して知るべしですが、一般の人には有り難いんでしょうね。
【2017/11/30 19:54】
ランキング
プロフィール
ニックネーム:
Jay
性別:
男性
職業:
医者
自己紹介:
脱サラ医者

経歴:
東京大学農学部獣医学科
持田製薬安全性研究所
山口大学医学部卒業

現在:
整形外科
最新コメント
[02/15 通りすがり]
[02/10 奴隷勤務医]
[02/03 奴隷]
[02/02 ビ〜グルズ]
[02/02 ビ〜グルズ]
ブログ内検索
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   脱サラ医者の日記   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS