悪いですけど、本音いわせてもらいます
[1738]  [1737]  [1736]  [1735]  [1734]  [1733]  [1732]  [1731]  [1730]  [1729]  [1728
プロフィール
ニックネーム:
Jay
性別:
男性
職業:
医者
自己紹介:
脱サラ医者

経歴:
国立大学農学部卒
民間会社研究所勤務
国立大学医学部卒業
中堅研修病院

現在:
整形外科

趣味:
アコースティック・ギター
最近は洋楽しか聞かない
競馬
野球(見るだけ)
最新コメント
[03/27 ちか]
[03/24 ビ〜グルズ]
[03/21 ビ〜グルズ]
[03/20 真凜]
[03/20 真凜]
ブログ内検索
記事が載りました
ペンネームですが、記事が載りました。
アーカイブ
これからしばらく毎週日曜日は仕事になる.自分で当直表を作っているから、どうしようもないとっころは自分で穴埋めするしかない.

とはいえ、このところオペが少ないので今日の消毒当番はほとんどやることがない.正直な話、オペ後の経過がみんな順調だったら、日曜日にやる消毒は2日前の金曜日にオペをした患者だけなはずだ.そういうところからも、オペ後の経過が悪くていいことは何もない.

早めに消毒が終わった後は、イヤミのようにたまった診断書類を片付ける.ったく、夏休み前に全て終わらせていったにもかかわらず、明けて病院に来てみたら山のようにたまっている.

診断書が終わったあとは火曜日にやる人工関節の作図.作図というのは、どのくらいの大きさのインプラントが入るかをある程度予測して、どの辺で骨を切るかとか考えるためには重要だ.だが、プリントアウトされたレントゲンフィルムの大きさがいい加減だと、作図をしても全然役に立たない.

一般的に、プリントアウトしたレントゲンというのは実際の大きさの1.1倍ということになっている.インプラントのテンプレートもその大きさで作られている.だが、あり得ないぐらい大きさがおかしいことも多い.

余計なことだが、僕が整形外科医になるかならないかの頃から、レントゲンというのはほとんどがデジタル管理になった.以前は全部フィルムを残していたのだが、今ではレントゲンフィルムを使うのはこういう作図の時ぐらいだ.だが、そうなってから縮尺率がおかしくなってきたんじゃないかと感じる.


病院を出た瞬間に、当直のバイト医からどうでもいい入院患者を入れましたという連絡がある.まぁわざわざ行く必要もないだろう.

昼飯はまたしてもこんなもの.



もうすぐ10月だというのにジメジメした天気はなんとかならないのだろうか.








応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ









拍手[6回]

POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
28 29 30 31
最近買いました






Recommend
Copyright © 脱サラ医者の日記 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie