忍者ブログ
悪いですけど、本音いわせてもらいます
[1905]  [1904]  [1903]  [1902]  [1901]  [1900]  [1899]  [1898]  [1897]  [1896]  [1895
プロフィール
ニックネーム:
Jay
性別:
男性
職業:
医者
自己紹介:
脱サラ医者

経歴:
国立大学農学部卒
民間会社研究所勤務
国立大学医学部卒業
中堅研修病院

現在:
整形外科

趣味:
アコースティック・ギター
最近は洋楽しか聞かない
競馬
野球(見るだけ)
最新コメント
[01/18 のうさぎ]
[01/15 ちか]
[01/14 ビ〜グルズ]
[01/10 うさこ]
[01/03 masachan]
ブログ内検索
記事が載りました
ペンネームですが、記事が載りました。
アーカイブ
所詮その程度のものだ.こういう言い方をするとたくさんの救急医からバッシングを受けそうだが、その「たくさんの救急医=まともな救急医」がいる病院は、ごく少数だ.救急指定病院を掲げている病院の大半は、たまたまその日に当直を当てられただけの医者が診察をする.専門外だったら知ったこっちゃないというスタンスだ.それはそれで仕方ない.

僕も他科の患者の診察ではロクでもないことをやっているのかも知れない.


月曜日には土日の救急での尻ぬぐい外来だ.日曜日は極めて少数の患者しか来てなかったようだが、当直していたのは僕と相性のよくない非常勤の外科医だ.日曜日に呼ばれなかっただけマシなのかも知れない.


若い男性が指の処置を受けたといって入ってきた.

「縫うと指が固まって曲がらなくなる言われたんですよ」

人差し指のPIP関節背側に2センチの皮膚全層の挫創.どう見たって縫わなければ皮膚がくっつくレベルではない.縫わないで無理矢理べとべとの被覆材が貼ってある.

まぁこういう救急だけ外傷を診る医者っていうのはその後の経過を知らないから、どっかで聞いてきたようなテキトーな知識でやっている.2センチの傷が開いていて、それを縫わないで上皮化するには最低2ヶ月はかかるだろう.その間ずっと消毒しろというのか.そして、瘢痕の方がよほど拘縮を起こしやすい.

前医の処置を否定するのはなるべく言わないようにしているのだが、さすがに今回は患者に謝って縫わせてもらった.



日本語まったく喋れない幼児.もちろん喋れたところで大した情報は得られないだろう.親は英語が喋れるという.ベッドからジャンプして飛び降りたら足を痛がって歩かなくなったという.救急で湿布だけもらって家に帰っている.

その当直医が英語を喋れたのかどうか知らないが、子供の足は明らかに腫れているのにレントゲンも撮っていない.撮ってみるとこれだ.



まぁ子供だから痛きゃ歩かないだろうから大事には至らないが、検査もしないで帰されたと文句を言われる可能性は大だ.夜のカンファレンスでこのレントゲンを出したら部長のひとこと.

「まぁ撮っても診察できなきゃ撮る意味はないからね」

確かにその通りだ.撮っても骨折を認識できないで帰していただろう.


こういう文句をさんざん言いながら最後には、バイトの医者が来なくなったら自分たちの当直回数が増えるからまぁ仕方ないか、と言う結論になる.









応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ










拍手[7回]

PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近買いました






Recommend
Copyright © 脱サラ医者の日記 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]