悪いですけど、本音いわせてもらいます
[1828]  [1827]  [1826]  [1825]  [1824]  [1823]  [1822]  [1821]  [1820]  [1819]  [1818
プロフィール
ニックネーム:
Jay
性別:
男性
職業:
医者
自己紹介:
脱サラ医者

経歴:
国立大学農学部卒
民間会社研究所勤務
国立大学医学部卒業
中堅研修病院

現在:
整形外科

趣味:
アコースティック・ギター
最近は洋楽しか聞かない
競馬
野球(見るだけ)
最新コメント
[03/21 ビ〜グルズ]
[03/20 真凜]
[03/20 真凜]
[03/20 masachan]
[03/19 のっぽ]
ブログ内検索
記事が載りました
ペンネームですが、記事が載りました。
アーカイブ

今日はまともなオペ日としては今年最後だった.最後の最後までオペ尽くし.

自分のオペは4件だったが、そのうち3件は気が重い.前日からブルーだったのだが.


そして、気が重いところに朝っぱらからアクシデント.一件目のオペのインプラントがまだ到着していないと.

「9:30ぐらいには着きます」

などと電話がかかってきたが、インプラントが着く前にオペを始めるのは極めてリスキーだ.患者がすでにオペ室に到着していたが、この期に及んでオペの順番を入れ替えることにする.最初からドタバタだ.

一件目はさっさと終わり、ようやく本番.

レントゲンの見た目は大したことがなかったが、CTをとったらどう見てもオペ適.



たかが足首の骨折だが、この折れ方だと前方から切開しなければならない.普段あんまりやるアプローチではないので神経を使う.順調にいったように思えたが、気がつくと1時間半を超えている.


二件目はこれ.



恥ずかしながら、脛骨の髄内釘は初めてだ.と思う.抜釘は何度もやったことがあるが、入れた記憶はない.まぁ髄内釘だからどこに入れるのも同じだが、たたき込むのにソートーなパワーが必要だった.おまけに、腓骨はオペしないつもりだったのだが、ぐらぐらだから結局やることに.なんと2時間越え.


今年最後のオペは肘部管症候群だ.これまた、肘の骨折のオペは何度もあるが肘部管のオペそのものはいつやったか記憶にない.



神経のオペだから見た目は何をやったか全くわからない.これは50分で終わったというのに、今日のオペの中で一番オペ点数が高い.いったいどういう基準で決まっているのかわからなくなってくる.


今月はオペが少ないと思いながらも終わってみれば16件やった.まぁ今年一年、よくやったものだ.

0時になろうかという時間に晩飯.



疲れすぎても食欲は衰えない.









応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ









拍手[6回]

POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
24 25
26 27 28 29 30 31
最近買いました






Recommend
Copyright © 脱サラ医者の日記 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie