悪いですけど、本音いわせてもらいます
[2007]  [2006]  [2005]  [2004]  [2003]  [2002]  [2001]  [2000]  [1999]  [1998]  [1997
プロフィール
ニックネーム:
Jay
性別:
男性
職業:
医者
自己紹介:
脱サラ医者

経歴:
国立大学農学部卒
民間会社研究所勤務
国立大学医学部卒業
中堅研修病院

現在:
整形外科

趣味:
アコースティック・ギター
最近は洋楽しか聞かない
競馬
野球(見るだけ)
最新コメント
[03/27 ちか]
[03/24 ビ〜グルズ]
[03/21 ビ〜グルズ]
[03/20 真凜]
[03/20 真凜]
ブログ内検索
記事が載りました
ペンネームですが、記事が載りました。
アーカイブ
いつものように木曜日は、製薬会社の説明会がある.そして、朝だというのにガッツリとした弁当が配られる.




しかもオコワだ.優に昼飯分もある.なので、生っぽいものとご飯を半分食べて、昼に残しておく.


今日は人工関節のオペが2件.もちろん僕が執刀ではないから、その他大勢の1人だ.それなりに疲れるが、何も考えずとも時間は勝手に過ぎていく.脳みそを空にしておけば楽なもんだ.


夕方になってオペ室から出てきて、ようやく月末に入った人工関節患者のカルテを開く.自己血の貯血に来る予定を確認していたが、そう言えば金属アレルギーの検査を皮膚科に依頼していたのだった.


世の中に金属アレルギーの人はたくさんいるだろう.だが、それと人工関節とはあんまり関係ないことが多い.何をするのにもクソうるさい大学病院だが、術前にルーチンで金属アレルギーの検査をやることはない.明らかに患者がアレルギーの既往を申告したときだけだ.

以前、手術当日に金属アレルギーを申告した人がいたが、さすがにその日に検査をしたって結果が出るわけがない.その主治医は、アレルギーが出たらその時に対応するということにしてオペをやったのだが、結果なにも起こらなかった.まぁ、皮膚に出る反応があっても体内に入れてしまえば何にも起こらないというのは予想されるとおりだ.


僕の患者は明らかな金属アレルギーの既往はない.だが、心配だから検査をしてくれといわれ、どうせ陰性だろうと思って安易に依頼を出してしまった.結果、人工関節に使われているクロム・コバルト合金というのの反応が「プラス?」などと言うことになっていた.皮膚科のドクターから正式な返事は来ていないが、検査をやってしまった手前、疑わしきは罰する=インプラント変更ということにした方が無難だ.

人工関節というのはほとんどが金属だ.



見ての通りレントゲンに写るのは金属だ.だが、セラミックのものもある.1回も使ったことがないが、今回は仕方ないだろう.

ったく、異動してきて最初のオペがいきなりケチがついたような気がする.大学病院で録っているデータは同じ機種でずっとデータを録っているので、こういうイレギュラーな機種でやったオペは、蓄積データとしては価値がない.せっかくの初オペなのに残念だが、仕方がない.


その蓄積データとやらの解析をどんどんやる.まずは別府温泉を目標にデータをだすのだ.

晩飯はちょっと軽くソバ.



運んできたのが明らかに80歳は超えていると思われるばぁちゃんで、ちゃんと運べるのかどうか心配になってしまった.







応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ











拍手[11回]

POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
28 29 30 31
最近買いました






Recommend
Copyright © 脱サラ医者の日記 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie