忍者ブログ
悪いですけど、本音いわせてもらいます
[1960]  [1959]  [1958]  [1957]  [1956]  [1955]  [1954]  [1953]  [1952]  [1951]  [1950
プロフィール
ニックネーム:
Jay
性別:
男性
職業:
医者
自己紹介:
脱サラ医者

経歴:
国立大学農学部卒
民間会社研究所勤務
国立大学医学部卒業
中堅研修病院

現在:
整形外科

趣味:
アコースティック・ギター
最近は洋楽しか聞かない
競馬
野球(見るだけ)
最新コメント
[01/18 のうさぎ]
[01/15 ちか]
[01/14 ビ〜グルズ]
[01/10 うさこ]
[01/03 masachan]
ブログ内検索
記事が載りました
ペンネームですが、記事が載りました。
アーカイブ
久しぶり、というか八年ぶりにACLSを受けてきた。簡単にいえば心臓マッサージの講習会だ。

受講対象は医療関係者だが、医師に限定されているわけではなく、医学生もいた。循環器の医者は必須なのだが、それ以外の人ばかりだと思われる。みんな志が高いなぁと思う。

僕はといえば、そもそも研修医でいた病院がACLSを日本に導入したところだったため、当たり前のようにみんな受けさせられた。そして、それを実践するような心肺停止の患者を診るのは日常茶飯事だった。

当時はかなりの自信があったが、研修医が終わって形成外科、消化器外科とうろうろさまよい、整形外科にたどり着いたときには心肺停止なんてもっとも縁のないところだ。

2年ぐらい前に首吊り心肺停止を一人で診たことはあるが、救いうる患者を診なくなって久しい。いざ来てもとても対応できないだろう。

そういえば、僻地病院で当直したときにはさっそく心肺停止の救急搬送が来たが、病院に着いたときにはすでに心拍再開していた。


二年ごとの更新ということになっているが、なんと八年ぶりの受講。まぁ初めてと同レベルだ。

朝っぱらに誰もあるいていない竹芝の近くをウロウロ。



まぁ、講習会じゃなかったら心が洗われるような気がする場所だ。


以前受けたときには東京ラボは銀座にあったが、資金繰りも大変なんだろうこんな辺鄙なところに移転している。

限りなく眠いが、追試になるのは恥ずかしいので頑張ってDVD講義を聴く。八年前とはいえ、仕事で使ったことはそれなりに覚えているものだなと思う。

昼飯時間は一時間あるのでゆっくり食べにでる。

しかし、ビジネス街の悲しさ、日曜日はほとんどやっていない。ようやくみつけたインド料理屋でランチ。




午後は講義というよりも実習だ。モデル人形を使っていろいろな心停止パターンについて模擬治療を行う。まぁこういうのは苦手でしょうがない。いろんな助け船を出されてナントか合格。

その後の筆記試験も追試ナシで合格できた。


さぁこんな講習会を受けていったいナニになるんだろう。

しょせんは動機付けだ。これを受けたからといって明日から心肺停止に対応できるわけじゃない。もってりゃいいやという資格もたくさんあるが、医者の場合はそれを生かさないと何の意味もない。


はぁ、これでゴールデンウイークの気が重いモノは終了した。稀有の三連休を楽しむ前に、明日はまたしてもクソ早起きとオペ二件、その後は歓迎会で招かれざる客として笑顔を振りまかなきゃならない。










応援よろしくお願いします→

医学 ブログランキングへ








拍手[13回]

PR
« 新歓HOME自虐癖 »
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最近買いました






Recommend
Copyright © 脱サラ医者の日記 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]