山形県で訪問診療の院長になりました
当直なしの病院泊なんてそんなに多いものではない。それなりにゆっくり仕事ができるかと思ってもあっという間に時間が経ってしまうのはいつものことだ。

昨日は結局18じぐらいまで外来をやっていたが、人数的には60人いかないぐらいなので今までと大差ない。どこかで経験があるようなことだが、週一で大混雑だからといって週二にしたら単に患者がばらけただけ、と言うことにもなりそうな気がする。

まぁそれはともかく、一泊すればオペ患者も受けられるだろうし、ちょっとずつ考えていけばいい。

朝飯はこんなもの。



普段は朝からこんなに食べることはないのだが、昼も夜も少なかったからかなり腹が減っている。あっという間に平らげてしまった。


僕が当直じゃないから、もちろんほかに当直医がいる。そして、平日だけ病院に宿泊しているドクターもいるため、夜中になってもだれかしらウロウロしている。風呂は温泉しかないのだが、何時になっても誰かしら入っている。部屋にシャワーが付いているわけじゃないから、この辺が厄介だ。

午前の外来の前に、風呂に入ってこようと思う。


応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ






毎日楽しくお得にポイント貯めるなら、ECナビ!いますぐ無料登録!

拍手[38回]

4月から水曜日は都内で往診をやっている。今日で12回目だが、晴れたのは今日で2回目だ。

だが、異常なほど風が強い。マンションの13階なんぞ飛ばされそうだ。

昼飯は初めて行く豚カツの店。



たまたま思いつきで入った店だが、僕の拙い豚カツ経験からするとほぼトップレベルの旨さだ。期せずして旨い昼飯だった。


だが、今日は処置の患者が多い上にトラブル続出。昼飯を食っただけで、休憩らしい休憩はほぼ取れない。

なにが一番大変だったかと言えば、胃瘻交換の患者だ。もう10年以上も胃瘻の状態で経管栄養をやっているようだが、これまでトラブルなんぞ一度もなかったと。胃瘻を作ってから一度もそこの病院に受診していないという。

いやぁ逆に言えばこれからどんどんトラブルが出てくる可能性があるだろう。僕が胃瘻交換をするのは3回目だが、今日はやけに入れるのに難渋する。

そして、在宅での胃瘻交換で最もリスキーなのが、ちゃんとした画像で確認できないということだ。ほとんどの医者は胃瘻交換で腹腔内に入れてしまうなんてことを経験しないだろうから、胃瘻交換のことをナメている。だが、僕がたかが半年だけ消化器外科研修をしていた時に、胃瘻トラブルで2例の緊急オペがあった。そして僕の研修医の同期も、僻地病院で胃瘻の入れ損ないで腹膜炎を起こしている。

胃瘻交換で画像確認というのは、一般的には造影剤を入れてレントゲンを撮るか、内視鏡で胃の内側を見て確認するかどちらかだ。そんなことはどちらも在宅ではできない。インジゴカルミンという色水を注入して、胃瘻から逆流が確認できるかどうかというアバウトな確認方法しかやっていない。ブラインドで入れているだけだから、トラブルが起きるリスクは十分にあるはずだ。

今日は交換したものの、色水が全く逆流してこない。それどころか、胃の内容物らしきものも全く出てこない。要はちゃんと入っているかどうか確認できないということだ。あんまり気にしない医者もいるだろうが、僕はムリだ。

結局、午後になってから新しいチューブを持っていって入れ替える。やっぱ内視鏡で確認した方が安心に決まっている。ムダな心配と時間を食ってしまった。


ブラインドといえば、整形外科でやる関節注射もブラインドで注射しているだけだ。膝の注射の時は関節液が逆流してくるのを確認できるが、肩はそんなに逆流してこない。

いままでずっと肩の注射が苦手だったのもあるが、ヒアルロン酸の業者が肩の模型を持ってきてくれると。喜んで頼んでしまった。



ある意味リアル。ある意味ビミョー。

肩峰下滑液包、関節腔内、肩鎖関節、上腕二頭筋腱腱鞘のターゲットがあって、上手く注射できるとランプがつくというものだ。

僕は肩関節腔内に入れる自信がないのでいつも肩峰下滑液包に刺していた。だが、解説の通りやってみるとけっこう上手く関節内に入るようだ。もっとも模型用の解説だから、人間に当てはまるかどうかはビミョーだ。

10分ぐらい刺しまくっていたら、全てのターゲットを一撃で刺せるようになった。まぁこの期に及んでこんな練習をしているとは馬鹿にされるかも知れないが、やっぱり自信を持って処置をやるっていうのは重要な気がする。



応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ






毎日楽しくお得にポイント貯めるなら、ECナビ!いますぐ無料登録!


拍手[18回]

いつもよりは多少ゆっくり寝られた気がする。朝の目覚めはそれなりにスッキリしていた。


火曜日に車で出勤するのも今日が最後だ。順調に走っているような感じでも、着いたら9時ギリギリだ。

朝飯はこんなもの。


 

火曜日外来が閉鎖になることで、いろんな患者から辞めちゃうんですかとか、不便になって困るなどと言われるのだが、夜の19時まで開いていて患者が30人も来ない外来だったら、採算取れないと思うのが当然だろう。実際には他の曜日はもっと患者が少ないのだが。

昨日の僻地病院は予約患者の兼ね合いで、ソートー患者が少なかったのだが、それでも40人以上の診察だった。火曜日の外来はほとんどが薬の処方だけなので、人数だけじゃなくて単価も少ない。


まぁ医局を辞めて1年以上経過して、水曜日の総合病院の仕事も辞めて、そりゃぁ臨床能力は下がる一方だろうなと思う。ヒマなことがストレスな外来を、楽だからいいやと思える気楽さがあればいいのだろうか。


応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ






毎日楽しくお得にポイント貯めるなら、ECナビ!いますぐ無料登録!



拍手[8回]

もともとエネルギーにみなぎっている人間ではないが、ここのところ一段とやる気がない。はたして試験に落ちたからなのか、カープが弱すぎるからなのか自分でもよくわからない。

いずれにしても、何かを求めなければ気分的に大して起伏のない状態で毎日生活できるんだろう。さいわい、サッカーには興味ないのでワールドカップで一喜一憂することはない。ついでにしばらく野球も見るのを止めようかと思う。


昨日の病院でもらった笹団子。

 

中に草餅みたいのが入っているのだが、笹の葉にべっとりとへばりついていて剥くのが大変だが、旨い。


何かを求めないと平穏でいられるんだろうが、いかんせんこの職業だと、あれができない、これはやりたくないと言っていると単なる使えない医者になってしまう。第一線の病院ではなくなったから割り切るのも必要なんだろうが。


来月から閉鎖される火曜日外来。まぁこれだけ患者が来なきゃ開けている意味もないだろう。




応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[11回]

水曜日は都内で往診の日なのだが、最近は外来も往診も関わらず都会での仕事が億劫でしょうがない。

飛行機に乗り遅れることはないが、都内に出勤のときはしょっちゅう遅刻する。まぁ往診の日は多少の遅刻は全く問題ないのだが。

通勤電車も混むし、往診の道路も混むし、患者宅の前で車を停めるのは一苦労だ。

住宅事情も田舎とは違うし、ちょっとやりやすい面といったら訪問看護などの他職種がたくさんいるから、たのみやすいというのはあるだろうか。逆に言えば競合も多いということだ。

今日の新患は、他の在宅クリニックを頼んでいたけど医者からひどいことを言われたから止めたとのこと。うちも非常勤医が多いから、他人事ではないだろう。

昼飯は通りががったところのインド料理。



偶然だが旨かった。

まぁ、昼飯にしたって、山形で食う方が米も蕎麦も旨いのだが。

応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[5回]

今日は近隣病院の地域連携会というのがあったから、診療が終わってからスーツを着て一生懸命会場のホテルまで急いで行った。

公的病院の地域連携会だ。

地域連携会というのは、今の時代は延々と病院に入院しているわけにいかないので退院後に診てくれる診療所との関係を保つ、という意味合いが一つ。そして、急性期病院といえどもその治療対象とする急性期の患者をどんどん紹介してもらわないとやっていけないから紹介してね、という意味合いが一つ。

要は病院側としては、診療所の皆さん、どんどん紹介してね、治療が終わったらどんどん引き受けてねという営業だ。そして診療所の立場としては、重症患者がいたら断らないでどんどん受けてくださいという営業でもある。お互いに営業だ。

で、その会場はホテルとかの宴会場でやることが多い。費用はかなりかかるだろうが、病院だって営業なのだからそれなりに出費するのは当然だろう。この類いの会では、僕らの会費は微々たるものであることが多い。

それが今回はなんと一人8000円。

参加申し込みの時に、会費がいくらかなんてチェックしない。どうせタダ同然だろうと思っているから。だが、出発する前に一応チェックしたら、ビックリだ。どんだけ豪勢な会なんだろう。

会場に着くと、丸テーブルの置かれた宴会場だ。



形だけの講演会があっという間に終わって、すぐに懇親会だ。

まぁお互いに名刺交換するパーティーだから食い物で文句を言う必要はないのだが。



うーん、一人一人に弁当とステーキのような肉が配られている。そりゃあ飲み物は飲みたければ飲み放題だ。だが、大半が車で来ているから酒を飲む人は多くない。

終わり頃にこれが出てくる。



うーん、ここの会場はそんなに高級なのだろうか。

文句を言いすぎかも知れないが、この会費設定だと、値段を見てやぁめたと思う開業医は多いんじゃなかろうか。

まぁそれなりに営業活動してきたから、僕にとっては有意義だったと思うことにする。




応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[12回]

以前も書いたかも知れないが、都内での外来はホントやる気が起きない。まぁ土地柄なのか、クリニックの立ち位置なのか、健康な人の悩み相談みたいな感じだ。それもあって前から山形に専念したいと伝えていたのだが、先週になって急遽火曜日の外来が閉鎖することに決まった。

なので、火曜の朝に渋滞の中を出勤するのも今日を入れてあと4回だ。


余裕で時間に間に合うはずが、クリニックのすぐ近くで工事現場のトラックが道路を塞いでいる。



僕の前の車が2台、電柱をこすりながら通って行ったが、よくも文句を言わないものだ。僕は当然文句を言ってどいてもらう。朝っぱらからイライラしてしまった。


クリニックに着いてみると、そういえば今日は医学部の学生が地域医療研修ということで僕の外来を見学するのだった。見るからに体育会系の顔をしているが、挨拶もしっかりしていて育ちがよさそうだ。イライラもすぐ消えてしまう。

火曜日は土曜日に比べてヒマなのだが、それもあって一人一人の患者について説明しながら診察することができた。僕の大してありがたくもない診察を見ながら一生懸命メモを取っている。まぁこういう感じだといろいろと教えたくもなるもんだ。

まぁ迷惑かも知れないが、昼飯に連れて行く。



まぁ一週間ぐらいいるんなら夜も飲みに連れて行ったりできるだろうが、実習は3日間だけだそうだ。

いろいろ今の医学部の現状を聞いてみたが、僕が学生の時から比べても随分変わっているようだ。もちろん、異様に忙しくて厳しくなっているみたいだ。

うーん、最近は働き方ナントカで研修医の扱いが随分ユルくなっている。学生の時にがんじがらめにして、研修医になるとお客さん扱いで大事に育てられるというのは、あんまり正しいとは思えないのだがどうだろうか。


昨日はさんざん食べたあげくに居間でうたた寝してしまったので、今日は晩飯ヌキにする。



レセプトのチェックをしながらスナック菓子を食って終わりだ。今日も1日、ロクな食生活じゃなかった。





応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ






毎日楽しくお得にポイント貯めるなら、ECナビ!いますぐ無料登録!

拍手[15回]

今日は14時から秋葉原で医師会の講習会だから、午後の外来は後輩に頼んでさっさと出発しようと思っていた。

だが、そう言うときに限って、いつもは暇な外来は阻止するかのように混みまくる。

朝の時点でたくさん待合いにいるのはわかっていたが、次から次へと重症と初診がくる。

余裕で出かけて秋葉原で昼飯を食うなんていうのは絵空事で、すでに遅刻だ。コンビニでパンを買ってとりあえず昼飯にする。



応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[12回]

たかが30分ぐらいだが、機内てネットが使えるのは便利だ。



今日の僻地病院は、農作業で忙しい時期なんだろう、さいきんになく患者が少なかった。たまにはこういう日もいいだろう。

昨日は予定通り羽田の駐車場で車中泊にした。そして、初めてスイートラウンジのシャワーを使ってみた。



シャワーだけはホテル並だろう。タオルもアメニティもそろっている。だが、たかが3室しかないし、一回ごとに綺麗に掃除しているようで、かなり待たされた。朝の5:20だというのに30は待っただろう。

よっぽど余裕がないと入れないと思う。

応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ

拍手[17回]

いやぁ在宅医の専門医試験を受けなきゃいけないことになり、正直言ってスケジュール的にかなり厳しい。もともと研修期間が基準に達していないのに受けさせてくれることになり、来年でいいかなと思っていたのが急遽ホントに受けることになった。

60症例のサマリーと、10例の詳細症例報告をあと1ヶ月ちょっとで書かなきゃならない。今の状況でどうやってそんな仕事できるんだろう。

朝は早く出勤して60症例の続きをやろうと思ったが、雑用に追われて一つもできない。

朝飯。



今日も外はいい天気だ。



こういう日にスキーに行ったら最高に気持ちいいんだろうな。

昼飯は以前から行きたいと思っていた蕎麦屋。



うーん、天ぷらは旨いのだが。この時期に冷たい蕎麦は、やっぱり寒すぎて十分味わえないかも知れない。




応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[194回]

羽田は寒くて雪が舞っていた。

 

しかし、山形に着くとかなりの好天。

 


在宅の患者が入院したり亡くなったりで、往診の人数が減ったから仕事はさらに楽になる。昼飯はこんなもの。

 

なんか味噌汁のようなものは納豆汁だという。


夜はまたまた製薬会社の弁当会だ。



肉屋の弁当らしいが、文字通り肉だらけ。





応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


拍手[14回]

それにしても、眠くて眠くてどうしようもない一日だった。

行きの飛行機の中では機内食を食べないで寝ようかと思ったのだが、先ほどのホタテの雑炊が予想通り熱くて熱くて、猫舌の僕では普段の機内食以上に食べるのに時間がかかってしまった。

そのため、空港から病院までの車の中で爆睡。ほぼナニも記憶にない。一緒に乗っている高齢ドクターに起こされる始末だ。

いやぁ、ホントに目が開かない。眠いというか目が開かないのだ。恐らく、そろそろ花粉症のせいなんだろう。今年はまだくしゃみだけで、鼻閉にはなっていないのだが、ここ一週間ぐらいはかなり目が痛い。

そうとはいえ、二週間ぶりの診察だから予想通りの大混雑だ。いやぁ診れども診れどもエンドレスにカルテが積まれていく。

そうそう、なんとこの僻地病院に電子カルテが導入されるらしく、3月1日から稼働するそうだ。まぁ今の時代は電子カルテが当たり前になっているが、なにもそんなご大層なものではない。単なるデータベースソフトだ。ソフトの機能そのものよりも、運用の方がはるかに重要なのだ。まぁ検査データとか画像データとかはかなり使いやすくなるんだろうなと思うが。

ただ、去年の4月からのデータをまとめようと思っている僕としては、この時期にシステムが変わるというのはかなり厄介だ。

13:50までかかって午前中は53人の診察。一人、入院があったのでそれなり以上に働いただろう。

昼飯はもちろん、持ってきた機内食。



メシを食った後には病棟の患者を診るので、午後の外来は14:40ぐらいからになってしまった。外来に降りると、いやぁまたまたたくさん待っている。何人いようが終わらせねば帰れない。

注射をしまくって、検査はやるだけやって結果は来週ね、ということでなんとか終わった。ぜんぶで70人。まぁお盆の時の80人というのはすさまじい人数だったんだな。

疲れ果ててもう帰ることになる。帰りの車はウトウトするのだが、なんとなくオリンピックの話しをドライバーさんと喋ってしまい、完全に寝ることはなかった。

帰りの機内食はこれ。



結論だ。冷たいご飯はおいしくない。

拍手[15回]

プロ野球をみていると、よく「打線は水物」 などと言われているが、病院だったら外来は水物だ。全く予測がつかない。

今日は電車で出勤したから内職用のパソコンは持っていかなかった。ここのところ、持っていっても電源も入れずに帰ってくることの方が多かったからだ。

昨日とはうって変わって楽な患者ばかりだ。ほとんどが薬の継続だけ。新患は2人しか来なかった。

11時ぐらいに紹介できた高齢者は、大腿骨頸部骨折疑いとのことだったが、歩いて診察室に入ってきた。紹介のレントゲンでは確かに骨折線のように見えるところがある。頚部骨折疑いで、歩いて入室してきた患者は初めてだ。

CTを撮ってもやっぱり折れているように見える。いわゆるGarden Iだ。MRIをとればはっきりするのだろうが、あいにく古いステントが入っているということで撮れない。二週間前から痛かったが、ちょっと良くなっているとのこと。さすがにこの状態でオペを勧めるわけにはいかず、外来でしばらく様子を見ることとなった。経過をみて、THAでもやることになるのだろうか。

昼飯はこんなもの。



あまりの飽食に、ちょっとは絶食しなきゃならない気がする。


午後はなんとオペが一件もなかった。いやぁ、こんなことだったら内職用のパソコンを持ってくるべきだった。ほぼ当てもなく3時間ぐらい、ストレッチをしたり居眠りをしたりオセロをやったり。

いやぁ、ラジオ英会話の勉強までしてしまった。


昼飯でのいい加減な努力もむなしく、今日は甘いものをたくさんもらう。



まぁチョコレートなのは当然だろうが、あんまりたくさんは食べられない。そんな中で、有り難かったのがこれ。



煎餅もありだと思う。





応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[11回]

昨日はなんと10時間寝たにも関わらず、起きたら眠くて眠くてどうしようもない。今日もまた9時ギリギリに外来にたどり着くと、なぜか知らねど火曜日だというのに待ち合いはギッシリだ。

まぁそういう時の方が気分的には楽だ。



あっという間に午前中は終わる。

今日の夜は、またまた飲み会だ。というか




応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

、焼き肉に行くらしい。

拍手[6回]

今日はなんだか朝からバタバタだった。

エアロバイクをやると異常なほど眠くなる。1時間ほどやったあとに一息ついて水を飲んでいたら、気付いたらそのまま寝ていた。まぁ「霜取り」ばっかりやっていてどうしようもないエアコンに加えて、石油ファンヒーターを2台も買ったのでうたた寝しても風邪はひかなそうだが。

朝はこんなもの。



午前中はいつもの通り施設の回診だ。回診そのものは、例の通りほとんどなにも手をつけないで同じ処方を出しておくだけでいいらしいので、あっという間に終わる。しかし、その後が問題だ。

入居者もスタッフも全員インフルエンザの予防接種をしているのだが、何人も発症しているらしい。そして、かかっていないスタッフには予防投与をする決まりがあるそうだ。それがなんと30人以上。

いやぁ、予防投与で保険適応じゃないとはいえ、カルテはちゃんと書いて処方箋も出さなきゃならない。30人分のカルテを一気に書くとなると、やっぱり30分では終わらない。まぁ診療所の収入としては処方箋料だけはとれるようだから、30-40分で2万円ぐらい?


なんとなく書類仕事もたくさんあるから昼もバタバタだ。

昼飯はまたまた揚げ物を食べてしまう。



ミックスフライ定食だ。

午後も何となくバタバタ。片道30分以上かかるエリアの往診だから、診察そのものに時間がかからなくても雪の中の移動は大変だ。

周辺はほとんど平地だというのに、地域によって天気はまるで違う。事務所の周辺は晴れているのに30分も走るとこの状態だ。



予定通り回れたが、戻ってきたら17時ちょうど。そういえば今日もMRの面会があるのだった。それでちょっとしゃべったらあっという間に18時近い。もう飛行機の時間だ。紹介状の返事だのなんだの、やらなきゃならないことはいくつかあっても、またまた来週だ。

晩飯は珍しく空港で食べてみる。

もう20時過ぎると空港内ではやっている店もかなり少ない。フードコートで食べてみた。



800円ぐらいでまぁ安いかなと思って食べてみたが、まぁ次はないかな。





応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[8回]

まぁ毎週のことだが、月曜日と火曜日のギャップは極めてひどい。そして、ヒマな方が疲れるということを毎週のように認識させてくれる。


今日はなんと10:30までに診察したのがたったの3人だ。そして、小さなクリニックの外来としてはこんなことを言っていてはいけないのだろうが、3人とも僕らの言葉で言うプシコ。

まぁあんな人が来ました、こんな症例がありました・・・なんていう話のネタは救急外来にいれば事欠かないだろうが、そういうのを面白おかしく話していたら倫理的にやっぱり問題なんだろう。それと同様、普通の診療所の外来だって、個々の患者の診察内容をバラしていたら倫理的にも守秘義務にも関わってくるんだろう。

まぁそれはそうとして、タダでさえ客の少ない外来だから、どんな患者でも来たら喜ばなきゃならないんだろう。だが、僕より若い人が、一週間前に歩いていて電柱におでこをぶつけて、肋骨が痛くて口内炎ができた・・・ときたら、診察意欲満々というわけにはいかないだろう。

研修医の時に一つ上の先輩が言っていたのだが、

「主訴が3つ以上あるのはプシコ」

これってだいたい当たっている。

そして、足の爪が剥がれたと、歩くと足の裏が赤くなる、親子三代続く皮膚のアレルギー体質で湿疹ができるという。 足の爪が割れ爪になって剥がれたのは2ヶ月以上前だ。普通に生えてきた爪にいつも巨大な絆創膏を巻いている。

月曜日は10:30には山と積まれたカルテを尻目に水を飲む間もなく働いている。

なぜヒマな方が疲れるのだろうかと考えてみると、ヒマだと気持ちがぜんぜん仕事に向いていないのだ。ひとり診察が終わったらネットで来週の飛行機のチケットをとり、在宅の保険点数の本を読み・・・などとやっていると、次の患者が来て

「診察お願いします」

という声が聞こえると、むしろ自分の仕事を邪魔されたような気がする。

いやぁ忙しくて文句を言っている方がはるかに健全だ。

昼飯は家から持ってきたピザ。



極めて見栄えが悪いが、温めて食べれば旨い。


今日は午前と午後で、診察人数が同じだった。いつも八百屋のおっちゃんがたんまりと焼き芋を持ってきてくれるのだが、それを1本もらって晩飯代わりだ。



今日はこれ以降、ナニも食わないようにしよう。

いやぁ、寒くてぜんぜんジョギングできていないのに、毎日のように昼飯を食う時間がある。そして、晩飯は外食が多い。太って当然だ。

明日は半日で外来を切り上げて、またしても医師会の懇親会に行く。





応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[7回]

例年のことだが、冬の方が病院は流行る。今日も、いつもよりは待合の患者は多いようだ。

当然のように次から次へとインフルエンザ患者だ。今日はAとBがバランスよくいる。大半の人が予防接種をやっていないというが、予防接種をすると具合が悪くなるとか、必ずインフルエンザがうつるとか、そういう固定観念で拒否している人がおおいようだ。

啓蒙したほうがいいのやらどうやら。


今日は午前中で30人以上の診察だ。最近にしては多い方だ。ほとんど昼休みがなくなってしまったので、パンで済ませる。



さぁ午後はどのくらいの繁盛なんやら。




応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[11回]

昨日はホテルにそのまま泊まり、朝はゆっくり温泉に入った。

朝っぱらに東京に帰るヤツらがいたのだが、なんと欠航が決まっている。悲しげに新幹線で帰っていった。

ゆっくり温泉と言いたいところだが、事務所まで30分ぐらいかかるので、身体を洗っただけでそそくさとタクシーに乗って事務所に向かう。

朝礼の後にこんな朝飯。



午前中はいつもの通り施設の回診。インフルエンザが蔓延しているといってみんなこぞってマスクをつけているが、だからといって僕に手渡すわけじゃない。いやぁその無神経さが信じられないなと思いつつ、だからといって「マスクください」なんて言うのもシャクだから、なにもつけずに回診する。

まぁ施設のスタッフも患者も、みんな予防接種をしているのだから、うつるときは結局うつるのだ。

治療内容についてあれこれ考えてあげても全く興味がないようなので、ほぼ全ての薬を継続で出していただけだが、すると1時間ほどであっという間に終わる。こんないい加減な回診を求められているのだろうか。当分はこれで様子を見てみよう。


昼飯は何度も行っている人気そば屋。巨大エビ天がウリなところだ。

で、これ。



「超巨大エビ天カレーラーメンおねがいします」

といったら、店ではできないので、カレーラーメンとエビ天の単品で頼んでくださいと。なので自分でぜんぶ乗せてみる。やってみると当然ながら旨い。だが、腹に重い。

午後はあっさり全てが終わるはずだったが、先週ひざが痛いといいって骨折かもね・、・・といっておいた寝たきり高齢者が、まだ痛がっているというので今日も見に行ったら、完全に大腿が変形していた。

オムツ骨折だろう。またまた病院に送ることになる。





応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[9回]

いやぁ最近はなんとなく変なことが続いている。気をつけねばならないことはわかっているつもりなのだが。

午前中はいつもの通り一人で外来。なぜかわからないが、一ヶ月のうち4週あっても30人以上来る混雑日と15人ぐらいしか来ないヒマヒマ日がはっきり分かれる。今日はそのヒマヒマ日だった。

12時ちょっと過ぎに外来が終わって昼飯。

 

食べていると常勤医から「午後のオペ一件はいってくんない?」という連絡がある。橈骨遠位端骨折の抜釘だから余裕だろう。13時に入室だというからゆっくりする。

下っ端くんのオペだとはいえ、1時間はかからないだろうとふんで始めてみたら、皮膚を切開していきなり、目の前に正中神経が出てくる。いやぁ、ここの病院で橈骨遠位端の抜釘に入るのは初めてなのだが、骨折のオペの時に筋膜を縫うのがいい加減だな・・・といつも思っていたのだが、それでこういうコトが起きるのだろうか。まぁ最初のオペの時に僕が入った記憶はないのでなんとも言えないが、ベトベトに癒着した正中神経がど真ん中にでてきて、どちらかに除けるのはソートー困難だった。

なんと抜釘のオペで1時間半。有り得ない時間だ。なんのことない、きれいに癒着を剥がしていったら、オペが終わる頃には正中神経は解剖学的に当たり前の位置に戻っていき、見えなくなった。


そして今日はもう一件、今度は橈骨遠位端の骨をくっつける方のオペがあった。僕が先週の外来で入れた患者だ。僕は外からX線透視をやっていた。まぁそれほど大変そうな骨折ではないから、さっきの抜釘ほどではないだろう。

その通り、オペは順調に進んで骨折部のプレートは固定された。だが、途中の骨折部の仮固定でつかったワイヤーが見当たらない。抜いた記憶はないと。

で、透視をもう一回見てみたらこの通りだ。



骨折部を固定していたはずのワイヤーが迷入して、なんと尺骨まで達している。もちろんこんなものは抜かなければならない。オペが順調だったのに、こんなところで時間がかかってしまう。

まぁ僕のオペではないが、しばらくはいろいろと気をつけないとイケないような気がしてきた。


応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ






毎日楽しくお得にポイント貯めるなら、ECナビ!いますぐ無料登録!

拍手[13回]

なんか先週の飛行機ダブル欠航が効いているのかどうか、かなり身体が疲れている。昨日も今日も仕事は大したことなかったのだが、かなり怠い。

朝はギリギリに起きて飛び出ていく。日曜日に違反で捕まったばかりだから気をつけねばならないことはわかっているが、ボーッとした頭で出かけざるを得ない。まぁ今日は朝の渋滞が大したことなかったのでちょっと早めに着くことができた。

朝飯。



いやぁ毎度のことだが、仕事が楽だとかえって疲れる。 午前中はなんと12人の診察だ。へたに休憩できてしまうので、次の患者が来ると面倒くさいなと思ってしまう。山ほどカルテが積み上がっていた方がはるかに気楽に仕事ができるというのはおかしなものだ。


郵便局に行く用事があったので、昼は外に出る。最近よく行くようになったところ。



インド人なのに、なぜかタイ料理のメニューが多い。味がどぎついから、そういう気分の時には食べたくなる。

午後はまたしてもマッタリだったのだが、なんと18時過ぎてから10人以上の診察だ。いちばん疲れるパターンだ。ったく、大した仕事をしていないのに疲労度だけ積み重なる。

晩飯はちかくの中華料理屋で食べて帰る。



ロクに動いてもいないのに、今日は3食しっかり食べてしまった。

最近にしては異常なほど疲れているが、食欲があるのは健康な証拠だろう。




応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[11回]

ランキング
プロフィール
ニックネーム:
Jay
性別:
男性
職業:
医者
自己紹介:
脱サラ医者

経歴:
東京大学農学部獣医学科
持田製薬安全性研究所
山口大学医学部卒業

現在:
整形外科
最新コメント
[06/28 ビ〜グルズ]
[06/19 ビ〜グルズ]
[06/13 ビ〜グルズ]
[06/08 ビ〜グルズ]
[06/06 のうさぎ]
ブログ内検索
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   脱サラ医者の日記   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS