山形県で訪問診療の院長になりました
いやぁ在宅医の専門医試験を受けなきゃいけないことになり、正直言ってスケジュール的にかなり厳しい。もともと研修期間が基準に達していないのに受けさせてくれることになり、来年でいいかなと思っていたのが急遽ホントに受けることになった。

60症例のサマリーと、10例の詳細症例報告をあと1ヶ月ちょっとで書かなきゃならない。今の状況でどうやってそんな仕事できるんだろう。

朝は早く出勤して60症例の続きをやろうと思ったが、雑用に追われて一つもできない。

朝飯。



今日も外はいい天気だ。



こういう日にスキーに行ったら最高に気持ちいいんだろうな。

昼飯は以前から行きたいと思っていた蕎麦屋。



うーん、天ぷらは旨いのだが。この時期に冷たい蕎麦は、やっぱり寒すぎて十分味わえないかも知れない。




応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[192回]

羽田は寒くて雪が舞っていた。

 

しかし、山形に着くとかなりの好天。

 


在宅の患者が入院したり亡くなったりで、往診の人数が減ったから仕事はさらに楽になる。昼飯はこんなもの。

 

なんか味噌汁のようなものは納豆汁だという。


夜はまたまた製薬会社の弁当会だ。



肉屋の弁当らしいが、文字通り肉だらけ。





応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


拍手[14回]

それにしても、眠くて眠くてどうしようもない一日だった。

行きの飛行機の中では機内食を食べないで寝ようかと思ったのだが、先ほどのホタテの雑炊が予想通り熱くて熱くて、猫舌の僕では普段の機内食以上に食べるのに時間がかかってしまった。

そのため、空港から病院までの車の中で爆睡。ほぼナニも記憶にない。一緒に乗っている高齢ドクターに起こされる始末だ。

いやぁ、ホントに目が開かない。眠いというか目が開かないのだ。恐らく、そろそろ花粉症のせいなんだろう。今年はまだくしゃみだけで、鼻閉にはなっていないのだが、ここ一週間ぐらいはかなり目が痛い。

そうとはいえ、二週間ぶりの診察だから予想通りの大混雑だ。いやぁ診れども診れどもエンドレスにカルテが積まれていく。

そうそう、なんとこの僻地病院に電子カルテが導入されるらしく、3月1日から稼働するそうだ。まぁ今の時代は電子カルテが当たり前になっているが、なにもそんなご大層なものではない。単なるデータベースソフトだ。ソフトの機能そのものよりも、運用の方がはるかに重要なのだ。まぁ検査データとか画像データとかはかなり使いやすくなるんだろうなと思うが。

ただ、去年の4月からのデータをまとめようと思っている僕としては、この時期にシステムが変わるというのはかなり厄介だ。

13:50までかかって午前中は53人の診察。一人、入院があったのでそれなり以上に働いただろう。

昼飯はもちろん、持ってきた機内食。



メシを食った後には病棟の患者を診るので、午後の外来は14:40ぐらいからになってしまった。外来に降りると、いやぁまたまたたくさん待っている。何人いようが終わらせねば帰れない。

注射をしまくって、検査はやるだけやって結果は来週ね、ということでなんとか終わった。ぜんぶで70人。まぁお盆の時の80人というのはすさまじい人数だったんだな。

疲れ果ててもう帰ることになる。帰りの車はウトウトするのだが、なんとなくオリンピックの話しをドライバーさんと喋ってしまい、完全に寝ることはなかった。

帰りの機内食はこれ。



結論だ。冷たいご飯はおいしくない。

拍手[15回]

プロ野球をみていると、よく「打線は水物」 などと言われているが、病院だったら外来は水物だ。全く予測がつかない。

今日は電車で出勤したから内職用のパソコンは持っていかなかった。ここのところ、持っていっても電源も入れずに帰ってくることの方が多かったからだ。

昨日とはうって変わって楽な患者ばかりだ。ほとんどが薬の継続だけ。新患は2人しか来なかった。

11時ぐらいに紹介できた高齢者は、大腿骨頸部骨折疑いとのことだったが、歩いて診察室に入ってきた。紹介のレントゲンでは確かに骨折線のように見えるところがある。頚部骨折疑いで、歩いて入室してきた患者は初めてだ。

CTを撮ってもやっぱり折れているように見える。いわゆるGarden Iだ。MRIをとればはっきりするのだろうが、あいにく古いステントが入っているということで撮れない。二週間前から痛かったが、ちょっと良くなっているとのこと。さすがにこの状態でオペを勧めるわけにはいかず、外来でしばらく様子を見ることとなった。経過をみて、THAでもやることになるのだろうか。

昼飯はこんなもの。



あまりの飽食に、ちょっとは絶食しなきゃならない気がする。


午後はなんとオペが一件もなかった。いやぁ、こんなことだったら内職用のパソコンを持ってくるべきだった。ほぼ当てもなく3時間ぐらい、ストレッチをしたり居眠りをしたりオセロをやったり。

いやぁ、ラジオ英会話の勉強までしてしまった。


昼飯でのいい加減な努力もむなしく、今日は甘いものをたくさんもらう。



まぁチョコレートなのは当然だろうが、あんまりたくさんは食べられない。そんな中で、有り難かったのがこれ。



煎餅もありだと思う。





応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[11回]

昨日はなんと10時間寝たにも関わらず、起きたら眠くて眠くてどうしようもない。今日もまた9時ギリギリに外来にたどり着くと、なぜか知らねど火曜日だというのに待ち合いはギッシリだ。

まぁそういう時の方が気分的には楽だ。



あっという間に午前中は終わる。

今日の夜は、またまた飲み会だ。というか




応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

、焼き肉に行くらしい。

拍手[6回]

今日はなんだか朝からバタバタだった。

エアロバイクをやると異常なほど眠くなる。1時間ほどやったあとに一息ついて水を飲んでいたら、気付いたらそのまま寝ていた。まぁ「霜取り」ばっかりやっていてどうしようもないエアコンに加えて、石油ファンヒーターを2台も買ったのでうたた寝しても風邪はひかなそうだが。

朝はこんなもの。



午前中はいつもの通り施設の回診だ。回診そのものは、例の通りほとんどなにも手をつけないで同じ処方を出しておくだけでいいらしいので、あっという間に終わる。しかし、その後が問題だ。

入居者もスタッフも全員インフルエンザの予防接種をしているのだが、何人も発症しているらしい。そして、かかっていないスタッフには予防投与をする決まりがあるそうだ。それがなんと30人以上。

いやぁ、予防投与で保険適応じゃないとはいえ、カルテはちゃんと書いて処方箋も出さなきゃならない。30人分のカルテを一気に書くとなると、やっぱり30分では終わらない。まぁ診療所の収入としては処方箋料だけはとれるようだから、30-40分で2万円ぐらい?


なんとなく書類仕事もたくさんあるから昼もバタバタだ。

昼飯はまたまた揚げ物を食べてしまう。



ミックスフライ定食だ。

午後も何となくバタバタ。片道30分以上かかるエリアの往診だから、診察そのものに時間がかからなくても雪の中の移動は大変だ。

周辺はほとんど平地だというのに、地域によって天気はまるで違う。事務所の周辺は晴れているのに30分も走るとこの状態だ。



予定通り回れたが、戻ってきたら17時ちょうど。そういえば今日もMRの面会があるのだった。それでちょっとしゃべったらあっという間に18時近い。もう飛行機の時間だ。紹介状の返事だのなんだの、やらなきゃならないことはいくつかあっても、またまた来週だ。

晩飯は珍しく空港で食べてみる。

もう20時過ぎると空港内ではやっている店もかなり少ない。フードコートで食べてみた。



800円ぐらいでまぁ安いかなと思って食べてみたが、まぁ次はないかな。





応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[8回]

まぁ毎週のことだが、月曜日と火曜日のギャップは極めてひどい。そして、ヒマな方が疲れるということを毎週のように認識させてくれる。


今日はなんと10:30までに診察したのがたったの3人だ。そして、小さなクリニックの外来としてはこんなことを言っていてはいけないのだろうが、3人とも僕らの言葉で言うプシコ。

まぁあんな人が来ました、こんな症例がありました・・・なんていう話のネタは救急外来にいれば事欠かないだろうが、そういうのを面白おかしく話していたら倫理的にやっぱり問題なんだろう。それと同様、普通の診療所の外来だって、個々の患者の診察内容をバラしていたら倫理的にも守秘義務にも関わってくるんだろう。

まぁそれはそうとして、タダでさえ客の少ない外来だから、どんな患者でも来たら喜ばなきゃならないんだろう。だが、僕より若い人が、一週間前に歩いていて電柱におでこをぶつけて、肋骨が痛くて口内炎ができた・・・ときたら、診察意欲満々というわけにはいかないだろう。

研修医の時に一つ上の先輩が言っていたのだが、

「主訴が3つ以上あるのはプシコ」

これってだいたい当たっている。

そして、足の爪が剥がれたと、歩くと足の裏が赤くなる、親子三代続く皮膚のアレルギー体質で湿疹ができるという。 足の爪が割れ爪になって剥がれたのは2ヶ月以上前だ。普通に生えてきた爪にいつも巨大な絆創膏を巻いている。

月曜日は10:30には山と積まれたカルテを尻目に水を飲む間もなく働いている。

なぜヒマな方が疲れるのだろうかと考えてみると、ヒマだと気持ちがぜんぜん仕事に向いていないのだ。ひとり診察が終わったらネットで来週の飛行機のチケットをとり、在宅の保険点数の本を読み・・・などとやっていると、次の患者が来て

「診察お願いします」

という声が聞こえると、むしろ自分の仕事を邪魔されたような気がする。

いやぁ忙しくて文句を言っている方がはるかに健全だ。

昼飯は家から持ってきたピザ。



極めて見栄えが悪いが、温めて食べれば旨い。


今日は午前と午後で、診察人数が同じだった。いつも八百屋のおっちゃんがたんまりと焼き芋を持ってきてくれるのだが、それを1本もらって晩飯代わりだ。



今日はこれ以降、ナニも食わないようにしよう。

いやぁ、寒くてぜんぜんジョギングできていないのに、毎日のように昼飯を食う時間がある。そして、晩飯は外食が多い。太って当然だ。

明日は半日で外来を切り上げて、またしても医師会の懇親会に行く。





応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[7回]

例年のことだが、冬の方が病院は流行る。今日も、いつもよりは待合の患者は多いようだ。

当然のように次から次へとインフルエンザ患者だ。今日はAとBがバランスよくいる。大半の人が予防接種をやっていないというが、予防接種をすると具合が悪くなるとか、必ずインフルエンザがうつるとか、そういう固定観念で拒否している人がおおいようだ。

啓蒙したほうがいいのやらどうやら。


今日は午前中で30人以上の診察だ。最近にしては多い方だ。ほとんど昼休みがなくなってしまったので、パンで済ませる。



さぁ午後はどのくらいの繁盛なんやら。




応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[11回]

昨日はホテルにそのまま泊まり、朝はゆっくり温泉に入った。

朝っぱらに東京に帰るヤツらがいたのだが、なんと欠航が決まっている。悲しげに新幹線で帰っていった。

ゆっくり温泉と言いたいところだが、事務所まで30分ぐらいかかるので、身体を洗っただけでそそくさとタクシーに乗って事務所に向かう。

朝礼の後にこんな朝飯。



午前中はいつもの通り施設の回診。インフルエンザが蔓延しているといってみんなこぞってマスクをつけているが、だからといって僕に手渡すわけじゃない。いやぁその無神経さが信じられないなと思いつつ、だからといって「マスクください」なんて言うのもシャクだから、なにもつけずに回診する。

まぁ施設のスタッフも患者も、みんな予防接種をしているのだから、うつるときは結局うつるのだ。

治療内容についてあれこれ考えてあげても全く興味がないようなので、ほぼ全ての薬を継続で出していただけだが、すると1時間ほどであっという間に終わる。こんないい加減な回診を求められているのだろうか。当分はこれで様子を見てみよう。


昼飯は何度も行っている人気そば屋。巨大エビ天がウリなところだ。

で、これ。



「超巨大エビ天カレーラーメンおねがいします」

といったら、店ではできないので、カレーラーメンとエビ天の単品で頼んでくださいと。なので自分でぜんぶ乗せてみる。やってみると当然ながら旨い。だが、腹に重い。

午後はあっさり全てが終わるはずだったが、先週ひざが痛いといいって骨折かもね・、・・といっておいた寝たきり高齢者が、まだ痛がっているというので今日も見に行ったら、完全に大腿が変形していた。

オムツ骨折だろう。またまた病院に送ることになる。





応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[9回]

いやぁ最近はなんとなく変なことが続いている。気をつけねばならないことはわかっているつもりなのだが。

午前中はいつもの通り一人で外来。なぜかわからないが、一ヶ月のうち4週あっても30人以上来る混雑日と15人ぐらいしか来ないヒマヒマ日がはっきり分かれる。今日はそのヒマヒマ日だった。

12時ちょっと過ぎに外来が終わって昼飯。

 

食べていると常勤医から「午後のオペ一件はいってくんない?」という連絡がある。橈骨遠位端骨折の抜釘だから余裕だろう。13時に入室だというからゆっくりする。

下っ端くんのオペだとはいえ、1時間はかからないだろうとふんで始めてみたら、皮膚を切開していきなり、目の前に正中神経が出てくる。いやぁ、ここの病院で橈骨遠位端の抜釘に入るのは初めてなのだが、骨折のオペの時に筋膜を縫うのがいい加減だな・・・といつも思っていたのだが、それでこういうコトが起きるのだろうか。まぁ最初のオペの時に僕が入った記憶はないのでなんとも言えないが、ベトベトに癒着した正中神経がど真ん中にでてきて、どちらかに除けるのはソートー困難だった。

なんと抜釘のオペで1時間半。有り得ない時間だ。なんのことない、きれいに癒着を剥がしていったら、オペが終わる頃には正中神経は解剖学的に当たり前の位置に戻っていき、見えなくなった。


そして今日はもう一件、今度は橈骨遠位端の骨をくっつける方のオペがあった。僕が先週の外来で入れた患者だ。僕は外からX線透視をやっていた。まぁそれほど大変そうな骨折ではないから、さっきの抜釘ほどではないだろう。

その通り、オペは順調に進んで骨折部のプレートは固定された。だが、途中の骨折部の仮固定でつかったワイヤーが見当たらない。抜いた記憶はないと。

で、透視をもう一回見てみたらこの通りだ。



骨折部を固定していたはずのワイヤーが迷入して、なんと尺骨まで達している。もちろんこんなものは抜かなければならない。オペが順調だったのに、こんなところで時間がかかってしまう。

まぁ僕のオペではないが、しばらくはいろいろと気をつけないとイケないような気がしてきた。


応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ






毎日楽しくお得にポイント貯めるなら、ECナビ!いますぐ無料登録!

拍手[13回]

なんか先週の飛行機ダブル欠航が効いているのかどうか、かなり身体が疲れている。昨日も今日も仕事は大したことなかったのだが、かなり怠い。

朝はギリギリに起きて飛び出ていく。日曜日に違反で捕まったばかりだから気をつけねばならないことはわかっているが、ボーッとした頭で出かけざるを得ない。まぁ今日は朝の渋滞が大したことなかったのでちょっと早めに着くことができた。

朝飯。



いやぁ毎度のことだが、仕事が楽だとかえって疲れる。 午前中はなんと12人の診察だ。へたに休憩できてしまうので、次の患者が来ると面倒くさいなと思ってしまう。山ほどカルテが積み上がっていた方がはるかに気楽に仕事ができるというのはおかしなものだ。


郵便局に行く用事があったので、昼は外に出る。最近よく行くようになったところ。



インド人なのに、なぜかタイ料理のメニューが多い。味がどぎついから、そういう気分の時には食べたくなる。

午後はまたしてもマッタリだったのだが、なんと18時過ぎてから10人以上の診察だ。いちばん疲れるパターンだ。ったく、大した仕事をしていないのに疲労度だけ積み重なる。

晩飯はちかくの中華料理屋で食べて帰る。



ロクに動いてもいないのに、今日は3食しっかり食べてしまった。

最近にしては異常なほど疲れているが、食欲があるのは健康な証拠だろう。




応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[11回]

機内でインターネットが使えるようになった。

以前から使えるようだったが、今月から無料になったらしい。




応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


拍手[10回]

いやぁ雪がたくさん降っているのはよくわかるが、19時の飛行機が昼過ぎに欠航が決まっているというのはいったいどういうことなんだろう。


朝方は雪が降ったりやんだりだった。朝っぱらからイオンに行って朝飯を買う。



まぁほんとは灯油のポリタンクを買いたかったのだが、朝は食品売り場しかやっていなかった。

午前中はすぐ近くの施設の回診なので、雪だろうが大した支障はない。先週、スタッフのクサい芝居にイライラした当の褥瘡患者は、けっきょく紹介状を書いて近くの病院に行ったものの、たらい回しにあって何一つコトは進んでいない。まぁ予想された成り行きだ。処置が大変な患者を手放したので、回診はあっという間に終わる。

昼飯。



午後は遠くの施設に回診に行く。ちょっと早めに出発したのだが、その途中でなんと飛行機の欠航に気付く。

いやぁ・・・いろいろ事情があるのかも知れないが、山形空港が大雪のためって、太陽が見えてほとんど雪が降っていないのに欠航が決まるってどういうことだ。



まぁそんなことを言っていてもしょうがないので、とりあえず診療は全部終わらせる。検査とかも今週はムリしてやらないことにしたので、往復でかなり手間取ったが17時には戻ってくることがデキた。

さぁどうやって帰るか。もちろんいちど欠航になった飛行機が「やっぱり飛びます」というのはないだろう。雪も風もおさまっているのに。

で、新幹線の運行状況を調べたら、なんとまぁサイトの不親切なこと。

13時台の新幹線が山形-東京で運休という表示があるが、それ以降がどうなっているのか全く把握できない。けっきょくは駅まで行かないと状況はわからなそうだ。



なんのことない、動いているそうなので、帰れる。月曜日に続きふたたび新幹線で帰ることになる。



新幹線内でまた駅弁を食べようかと思ったが、ダイヤが乱れており車内販売はありませんと。

はぁ、3時間以上も絶食なのか。





応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[12回]

開業医ごときで指示を全く聞かないスタッフがいるところで仕事かと思うと、さすがの僕も朝から憂鬱になるのだが、今週はこの雪でそれどころではなさそうだ。

首都高のあちこちで通行止めになっているらしいので、いつもより30分ほど早く5:15頃に家を出た。いつもは6:20には空港に着いている。8:15の飛行機だから、常に余裕だ。

しかし、今日は家を出てからすぐに大渋滞。けっきょく渋滞の原因はわからなかったが、空港に着いたら7時をとっくに過ぎている。久しぶりに明るい時間にこのラウンジだ。



1時間半もかかったため、疲労度がひどい。朝からこんなものを食ってしまった。



月曜日は庄内よりも羽田がひどかったが、今回はもちろん山形空港の方がとんでもない雪になっている。だが、定刻に着く。

いやぁ、とにかくすごい雪だ。



視界は数十メートルといったところ。その先は白いだけでナニも見えない。これぞ豪雪地帯だ。とはいっても、とくに問題なければ普通に往診はできる。午前中は施設で3人の追加往診があったが、まずまずそれなりの時間に終わった。

昼飯。



最近はご飯ものに飢えている。


午後はさらに豪雪の地帯に行く。まぁまぁ、あまりの雪に唖然としてしまう。



ほとんどボブスレーのコースじゃないか。3メートルは積み上がっている壁が延々と続く。

午後の往診も特に問題なく終わったのだが、この雪なので移動にかなり時間がかかる。今日は製薬会社の勉強会があるので早く帰らねば。

17時から始めてもらうつもりだったが、僕が着いたのが17:35だった。しかし、MRさんも同様に雪で苦労しているらしく、来たのは17:45。まぁこんな状況なら仕方ないか。

内容はともかく、弁当がかなり旨かった。



自分で買って食べたいぐらいだ。

そして、限りなく新人に近いMRさんの自己紹介で、「少林寺拳法二段です」だと。いやぁ、こんなところで拳士に会うとは。思わず、「結手・礼」と言ってあげたくなる。終わってから、薬の内容でなく少林寺話で盛り上がってしまった。

今日は無難に一日が終わったものの、はたして明日は普通に帰れるのだろうか。



応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[10回]

今日は仕事がヒマというわけではないのだが。

この雪で当然のように骨折患者が来て、オペのムンテラのために常勤医が外来ブースを使っている。その間は僕は居場所がなくて食堂で暇つぶしだ。

昼飯



応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[8回]

昨日は東京駅に着いたのが0時だった。さすがにその時間からどこかのホテルに泊まるのもバカバカしいので、診療所の当直室で寝た。まぁまぁこの状態で朝の出勤するのを考えたら、泊まっておいた方が楽だ。




これだけガリガリの中を、朝一番で受診に来た患者は足首の捻挫だった。昨晩に転倒して捻挫、傘を杖にしてぴょんぴょん跳ねてきたという。まぁ危ない限りだが、レントゲンを撮ってみたらしっかり骨折していた。

今日あたり、病院の整形外科では骨折の患者で大変なことになっているんだろう。

これだけ足下の悪い中、午前中は15人ぐらいの受診があった。昼飯はこんなもの。



山椒は苦手だ。


路面の雪はほとんど溶けているように見える。もちろん昨日は羽田に車を置きっぱなしにしているので、なんとか今日は取りに行かねばならない。今夜は車で帰れるといいな。

拍手[17回]

またしてもやられた。空港まで行って欠航だ。

帰りの送りの車の中で、羽田から来る飛行機は飛んだとの表示になった。羽田で飛びさえすれば、庄内空港はそれほどの積雪ではないから着陸できるだろう。

と思って庄内空港まで送ってもらったら、飛んだはずの飛行機が、離陸前に滑走路の大渋滞で飛べてないとのこと。こりゃまいったな。到着が19時すぎるという。

まずは時間があるから飯を食っちゃうか。



平田牧場のカツカレー、こんなしょぼかったっけ?

食いながら到着便を待つつもりだったが、またしてものアナウンスで、羽田で離陸できないから欠航ですと。

さあ困った。帰る手段は新潟から新幹線だけだが、どうやって新潟までいくか。病院の事務長に電話したら、とりあえずタクシーで病院まで戻ってくれと。

そこからまたまたバトンタッチで新潟まで送ってくれることに。

ものすごい吹雪だ。

電車は問題ないらしく、坂町という駅で新潟行きに乗る。



さぁ、新潟から新幹線の最終に乗れるかどうか。




バカみたいな話だが、こんなことも楽しまなきゃ、僻地での仕事なんてやっていけない。


応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


拍手[10回]

今日の午前中は32人の外来。相変わらずインフルエンザはB型ばかりだ。

人数が来たワリには13時前にスッキリ終わったが、売り上げを聞いたらガッカリするレベルだ。

昼飯は気晴らしもかねて外に食べに出る。




昨日のイライラがまだ消え去らないが、もう端から見たら笑っちゃうようなネタを一つ。

施設で半年ぐらい前から踵に褥瘡ができた寝たきり老人。僕が7月から見始めたときにはすでに黒い壊死になっていた。施設で蓐瘡の処置をやるのは介護員が本当に嫌がるから、敢えて壊死をデブリドマンせずに軟膏処置を継続という指示を出しておいた。

月に1回の回診なのだが、ある日その部屋に入ったらものすごい悪臭だ。創部を開けなくても感染しているのがわかる。月に1回の回診だからといって、そこまでなるのを報告もせず放置していたのは驚きだが、僕は文句も言わずに切開排膿して処置することにした。

なるべくなら家族は病院に連れて行きたくないとのことだったので、施設で可能な範囲でやりましょうと。で、排膿した後は着実によくなっていき、あと2センチ弱で傷は閉じるかと思った。そしたら、またまた感染だ。足底の中央までバイ菌が入ったらしく、本当ならガッツリ15センチは足底を切開しなきゃならないのだが、そんなのの処置はできないからやめてくれということで、中央部にも3センチぐらいの切開部を作ってそこから排膿した。中途半端だから十分な排膿ができないのは当然の状態で、処置継続とした。

洗浄はできない、コメガーゼはできない、ということで上から軟膏を塗るのと抗生剤を使うのが精一杯。それでナントカ一進一退だった。

先週はちょっと増悪してたので再び点滴の抗生剤をはじめて、ちょっとは良化しているはずだった。

笑っちゃうのはここからだ。

その部屋に入るなり、うちのスタッフが

「うわぁ臭い臭い、さらにひどくなってるんじゃないか」

僕には全然そんな匂いはしない。先週より遙かにマシだ。形成外科で何度も壊死性筋膜炎のオペをやっている僕の鼻をごまかすことはできない。

創部のガーゼを開けると、

「うわぁ、ものすごい膿だ膿だ、押すと大量に出てくる」

施設のスタッフと申し合わせでもしているのだろうか。要は、この施設でこんな処置をやるのは嫌だというアピールだ。

あまりにバカバカしくなったので、けど、投げやりにいうのも露骨なので、施設のスタッフの負担を考えると、病院に紹介するのもありだよ・・・とやんわり言ったら、

「最初からものすごい負担ですよ」だと。

近くの病院は形成外科の常勤がいないにもかかわらず、なぜか「綺麗に治すなら形成だよ」と形成受診を希望する。

じゃぁ紹介状を書くよ・・・といって事務所に戻る。指定された曜日の担当医を見ると、「入局1年目でぇす。頑張りまぁす。」などと書いてあった。


臭いものにはフタをし続け、パンドラの箱を開けたらもう手に負えないアピールのためにクサい芝居をする。単なる責任転嫁で放り出す。押しつけられた病院はいい迷惑だろう。そして僕には病院から「いい加減な嘱託医」というレッテルが貼られる。




応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[14回]

いやぁ山形に来るようになって半年、ちょっとは仕事がやりやすくなってきたのかと思えばそんなものは完全な幻想だったようだ。

昨日は本部から事務長が来て、仕事が上手く回るように話し合いをしましょうということになった。僕自身はまぁ今の状況で時間が経てば自然に上手く回っていくんじゃないかと思っていたのだが。

実際に、会議という形で全員が集まって話し合いが始まると、出てくるのは僕に対する個人攻撃だけだった。僕がいままでやってきたことといえば、昼の3時から延々とお茶のみ話で大笑いしている時間を減らすように、当たり前の往診だの当たり前の検査を普通にやるように指示しただけだ。

そして、有床診療所なのに開設以来一度も入院という実績がないから、査察を前に敢えて日帰り入院を入れた。

まぁそういうことがちょっとは奏功して、月の売り上げは僕が来てから1割弱増収になっているのだが。

まぁ出てくる意見というのはほぼ僕の存在を全否定するというレベルだ。前の院長という人がとんでもない人で、あんな人の下ではとてもやっていけないなどという話をさんざん聞かされてきたが、要は誰かが上に立てば疎ましく思い、尻を叩かれれば反発するというだけのことかも知れない。

その話し合いと関係があるのかないのか、昼飯時には声もかけられない。一人で近くの食堂に歩いて行く。



まぁどこぞの東北の医者を追い出す村じゃないが、今後、嫌がらせが露呈するのかも知れない。




応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[20回]

先週はオペが重なったため、ちょっとは役に立ったのだが僕の存在価値がほとんどないことにはいまだ変わりない。

先週のマレットフィンガーの人が、1週後でレントゲンを撮っていた。



まぁ許容範囲か。

先週は昼飯を食う時間なぞ全くなかったのだが、今週は見事にガラガラだ。午前中いっぱいかけてなんと13人の診察。レントゲンを数人撮ったのみで、ほとんど検査も必要のない人達ばかりだった。

昼飯。



昨日は寝不足なので、昼寝でもしようかと思う。




応援よろしくお願いします→>

医学 ブログランキングへ







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

拍手[8回]

ランキング
プロフィール
ニックネーム:
Jay
性別:
男性
職業:
医者
自己紹介:
脱サラ医者

経歴:
東京大学農学部獣医学科
持田製薬安全性研究所
山口大学医学部卒業

現在:
整形外科
最新コメント
[02/15 通りすがり]
[02/10 奴隷勤務医]
[02/03 奴隷]
[02/02 ビ〜グルズ]
[02/02 ビ〜グルズ]
ブログ内検索
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ATOM  
ATOM 
RSS  
RSS 
Copyright ©   脱サラ医者の日記   All Rights Reserved
Design by MMIT / TemplateB3  Powered by NINJA TOOLS